美容と健康の為

今までの歴史についてご紹介したいと思います。

スムージーとは果物や野菜またはヨーグルト等を凍らせててアイスクリームや牛乳と一緒にミキサーにかけて作るドリンクことです。 日本においてもミキサーが発売されるようなった昭和40代頃からバナナなどの果物を使ってつくられていました。このころはまだスムージー言う呼び名ではありませんでした。 1980年代になるとアメリカでグリーンスムージーが多く飲まれるようになり、その健康的なイメージと美容意識の高まりで非常に広まりました。 そして平成10年ころ日本にもグリーンスムージーが入ってくるようになりました。 平成15年頃にはグリーンスムージーの本なども沢山出版されるようになり、またアサイーなどを使った新しいグリーンスムージーなども、平成20年ごろから多く発売されるようになりました。 これがグリーンスムージーの歴史です。

これからの、グリーンスムージーについてご紹介します。

グリーンスムージーは、フレッシュさが求められのためにあまりコンビニエンスストアでは売られる事はありませんでしたが、最近ではよく売れることと需要が高まっていることなどからコンビニエンスストアなどでも気楽にグリーンスムージーを買って飲むことができるようになるでしょう。 実際東南アジアや台湾などではすでに屋台やコンビニなのでグリーンスムージーを売っており、とても人気が出ています。 夏場は日本でもこのようにコンビニなどでグリーンスムージーが売られるようになると思われます。 また今後、居酒屋などでもグリーンスムージーにアルコールをプラスしたヘルシーなカクテルなどが販売されるようになるでしょう。 スムージーは様々な場所に活躍の場を広げていきます。